つれづれ日記

ある精肉店のはなし

Posted by earth on 2013年10月20日


「ある精肉店のはなし」
image

応援団として、一足先にこの映画を観て来た。
古くからの
Earthmanship Friends 纐纈あやさんの第2作目監督作品
これは 大阪で7代続いた北出精肉店のお話。

観終わった後、北出家の人々から香り立つ圧倒的な安定感と清々(すがすが)しさはいったい どこからやってくるんだろうと 考えた。
私なりにたどり着いた答は、彼らが「全体」を知っているから。「全体」を行ってきたから。

すべてが細切れになり、「部分」しか見ず、「部分」しか知らず、「全体」がわかった気になっている多くの現代人の足りない部分を彼らはもっていた。
だから ただただ気持ちよいと感じた。

そして そのサイズ感が心地よかった。
おそらくそこに 人間のあるべき姿を見たからだろう。

と畜場に連れて行かれる牛を見て心が震え
屠畜の瞬間は目を背けたくなり
解体場面には芸術のような美しさを感じ
肉になった時には食べたいと思った 私

まだまだ足下にもおよばないけれど、私は私のできることを精一杯やろうと思った。

この日本にまた1本すてきな映画ができ上がったことがうれしい。
すべてに感謝!

*   *   *

ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思います。
東京は ポレポレ東中野 にて 11月29日(金)より
大阪は 第七藝術劇場 にて 12月7日(土)より
ロードショー開始です。

光のこども

Posted by earth on 2013年10月12日

雲からも風からも

透明な力が

そのこどもに

うつれ

 

これは宮沢賢治の「春と修羅 第三集」の一節です。
これを読み返すたびに こどもたちの光に輝く姿が見えてきます。

こどもは 光の中を歩むにふさわしい存在です。
おとなたちは 決してそのことを忘れてはなりません。
こどもには 生まれたその瞬間から ひとりの人間としての個性があり
育つ力が備わっています。

ですが 現代社会では 意外にも そんな当たり前のことを知っているおとなが 少なくなってきています。

それは 多くのおとなたちが こどもだったころに 何もできない存在として扱われてきたからでしょうか。はたまた 「お産」という こどもの力を実感できる貴重な「時」を 自然の摂理からかけ離れた方法で過ごしたからでしょうか。

幸せに暮らす「鍵」は もしかすると 自分のいのちのスタート地点に立ち戻ってみることにあるのかもしれません。
そして 自分のいのちが 自然の流れの一部であることを感じ その流れに身を
ゆだねることができた時 深い満足に包まれ 他者をありのまま認める気持ちが 生まれるのかもしれません。

 

雲からも風からも

透明な力が

みんなに

うつれ

umi0107-024_m

 

自分を生きる

Posted by earth on 2013年10月12日

自分と出会い
できる部分も できない部分も
丸ごとの自分を認め
自分を生きる

誰のものでもない
誰のためでもない
自分のヴィジョンを求め
自分を生きる

それぞれが
それぞれの場で
それぞれの形で
自分を生きる

さあ 自分のいのち
どう使う
どう生きる

かけがえのない そのいのち
いとおしい いとおしい そのいのち

img_1216

人を見つめず、その人の指差す先を見る

Posted by earth on 2013年04月30日

「人を見つめず、その人が指差した先を見よう」

これは常々私が大事だなと思っていることです。

この人はいいな、共感するな、そう思えるステキな人。
人に指針を与え、光の道を教えてくれる人。
力強いメッセージを届けてくれる人。
自分がいいと思うことをすでに実践している人。
そんな はっきりと役割を持っている人が 世の中にはおられます。

しばらくはその憧れの人を見つめ、その人の言葉をじっくり読んだり聞いたりする時間が必要ですね。
でもいつまでもそれを続けていると、案外もったいないことになるのです。
あなたにとっても、その人にとっても。

その人が伝えようとしていることがはっきり見えてきたら、その人を見続けるのではなくて、その人の指差す先を、その人と共に見ようではありませんか。

そうすれば、いつかあなたも、人に光を届ける大事な灯台になるでしょう。
わたしたちは 例外なく 役割があって いま ここにいるのです。

では今日もいい一日を。

e38381e382b4e383a6e383aaefbc91


先輩

Posted by earth on 2013年04月10日

我が家のこどもたちの中学での話。

この学校の卒業式では 式終了後に、送り出す後輩たちが 大好きな先輩、尊敬する先輩の身につけているものをいただくというのが恒例となっている
まぁ時として、奪い取るという形容のほうがふさわしい場合もあるけれど。
したがって人気者の先輩たちは全てが終わった時には身ぐるみはがれた状態になっているわけである。

我が家の息子には小学校1年生の時から近所に住む5歳年上の大好きなお兄ちゃんがいた。息子が小1の時にお世話係になってくれたNくん。
そのお兄ちゃんはその後 尊敬する先輩となり、彼が中学を卒業する日、息子は小学生ながらも中学に行って、制服についているボタンを1個いただいた。

この春の卒業式。
在校生として式に出席した息子は大荷物を抱えて帰って来た。
見ると袋にブレザーが入っている。それも全てのボタン付きで。
何と豪勢なものをもらってきたんだ。
聞くとK先輩がくださったとか。

ところが翌日、息子の留守中にその先輩から電話がかかってきた。
「次のサッカーの練習日に、昨日渡したブレザーを持ってきてくれるよう伝えてください」

そりゃそうよね。
普通のブレザーとしても着られるものを、何もそのまま後輩にあげることはない。
夕飯の時に家族みんなが納得した。

そして昨日。
またまた息子が大荷物を抱えて帰って来た。
何とそこには、クリーニングに出されてきれいになったK先輩のブレザーがあった。

わざわざ学校までもって来てくださったらしい。そのとき息子は先輩に会えなかったので、お礼の電話をしたら、K先輩は「大事に使ってね」と言ってくださったとか。

こうやって、他を思いやる心が受け継がれていく。
いい春だ。

dscf6962


Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 14 15 16 Next

|Top|

特定非営利活動法人アースマンシップ

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町4-16-4
Tel 0422-20-8393
info@earthmanship.com