つれづれ日記

Earthmanshipの始まりを思う詩

Posted by earth on 2012年12月31日

年が終わろうとする今 読んでいる本の中で 心にスーッと入ってきて  静かに反芻したくなる言葉や文章と出会っています。
そのひとつをご紹介して今年を締めたいと思います。

大地の上を君が素足で歩かなくなったら、
君は、大地との身近な、温もりのある、
直接の結びつきを、失う!
このことをすべての都会人が
知らなくてはいけない。
私は都市に住む人を非難しているのではない。
あなた方は、それぞれの務めを持っている。
だが、ときには、自然の中に出かけ、
靴や履物を脱ぐことを忘れるな。
そして、裸足で歩き、大地の友情を
感じることを忘れるな、
政治家も、詩人も、物理学者も、医者も、
街の売春婦も、通りの清掃人も、
警察官も、大統領閣下も。

ーJonas MEKAS

Earthmanship はそのためのお役に立ちたいと願って始まりました。
そして来年も謙虚にその歩みを進めたいと思います。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

Earthmanship
岡田 淳・直子


es1212gce4b8ad1

|Top|

特定非営利活動法人アースマンシップ

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町4-16-4
Tel 0422-20-8393
info@earthmanship.com