つれづれ日記

抑圧者と被抑圧者−その1

Posted by earth on 2016年08月22日

たった2日間の家族水いらずの夏休み。
その2日目は台風。
でも、私たちが今いるところは静かに雨が降ったり止んだり。
風もなく、yahooのニュースを見なければ、台風が来ていることにも気づかないくらい。
そんな訳で、目の端に家族の存在を感じながら、静かにそれぞれがしたいことをしています。

今、読んでいる本がとても難しくて、なかなか読み進めない私ですが、それでも時々「そうだ!」といたく共感する部分と出会うと、いきなり読むスピードが速まったりします。

感想は読み終えてからゆっくり書こうと思いますが、今はメモのつもりで、そのいたく共感した部分を書き抜いておきます。

* * *

「…(抑圧するものたちにとっては)抑圧される人たちが、その抑圧の状況を前にして無力であると感じることや、その抑圧の状況を『限られた変えようのない状況』と見て、打開不能と見なすことに『埋没』する状態がいつまでも続くほうがよいのである」


「抑圧の関係が確立されたときに、すでにそこには暴力が始まっている。しかし、今日までの歴史のなかで、その暴力の火が抑圧された側からつけられたことはないのである。…抑圧する者たち、搾取する者たち、他者のありようというものをみとめない人たちが暴力の火をつけるのである」


「愛のない世界を始めるのは、愛されなかった人たちではない。愛さなかった人たち、他を愛することのない人たちである」


「テロを始めるのは、抑圧されている弱者ではない。その権力により 明らかな抑圧を生み出し、生活できず、世界の引き裂かれた状況にあるような人を生み出している暴力的な者たちこそがテロの始まりなのである」

『被抑圧者の教育学ーパウロ・フレイレ著』より抜粋 要約

img_0555

 





都知事選

Posted by earth on 2016年08月01日

また次のステージが始まりましたね。
選挙の度にがっかりする事が続いていますが、今回の都知事選は前回のように心から応援したい人がいない状態で—心から応援したい人が降りてしまってーなんともスッキリしないまま終わりました。

さて、これからの話をしましょう。
小池さんが都知事になり、私たち都民のやるべき事がよりはっきりした気がします。
彼女にはまず、公約をしっかり守ってもらうこと。
私たちは 彼女のする仕事を監視するだけでなく、正しい方向に導く責任があると思います。

そのためには、私たちひとりひとりが まずはこんなことを目指す必要がある気がします。

1)今起きている事を知る 
2)おかしい事をおかしいと感じる力を養う 
3)人間だけでなく、すべてのいのちのことを 自分事として感じられる力をつ
  ける
4)「自分だけが得する生き方はない」ことを知る

日本の教育は「考えない人間をつくり出す」と言われていますが、教育を学校だけに任せようとしなければいいだけの話です。
家庭が、両親が、周りの大人たちがしっかりと子どもたちに大切なことを伝え続ければ、必ずしっかり考える人間は育ちます。
日本の教育の改善は必要だけれど、それはあくまで片輪である事を忘れないようにしたいと思います。

さぁ、8月のはじまり はじまり…

img_0225

|Top|

特定非営利活動法人アースマンシップ

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町4-16-4
Tel 0422-20-8393
info@earthmanship.com