シェルターキャンプ2016

サバイバル講座 実践編
ー自然とつながる2日間ー

 img_5144

「サバイバル」の技術には4つの柱と順序があります。
その1番目が「シェルター」。
それは自分の体温を確保するための重要要素であり
災害時の基本知識でもあります。

このキャンプでは 
サバイバルの基本を学ぶとともに
実際に自分で自分の身を守る簡易シェルターを作り眠ります。

同時にこの2日間は 

大自然の中で生かされている ひとつの命である自分と出会い
大地のもつ大きな力と
息づく生命の波動を感じ取る時間でもあります。

空を吹く風も  流れる水も  森も花も動物も
すべては美しく  繊細にしてパワフル。
その透明な力の中で  私たちは息をし  生かされている。
その大きな安心感を体験してみませんか。

cimg4108-2 img_5140 cimg4116

と き

2016年9月10日(土)〜11日(日)

 

ところ

東京都 奥多摩の渓谷(人里離れた水源の森)

 

集合解散場所

集合:10日(土) JR青梅線 奥多摩駅 10:45頃


解散:11日(日) 川乗橋バス停  16:25頃

 

指 導

岡田 淳(NPOアースマンシップ 代表)

◆プロフィール抜粋◆
自由学園・理学部卒業後アメリカに渡り、カリフォルニア州立大学、ユタ州立大学にて環境学(エコロジー/生態学、ナチュラル・リソース・マネージメント、森林学、野生生物学、野生植物学、アウトドア・レクリエーション学、等)を学ぶ。

ユタ州立大学卒業後、シエラクラブ(全米最大の環境団体)でのトレーニングを経て、コロラド・アウトワ-ドバウンド・スク-ルで最も長期の野外教育指導者養成(ラフティング、ロック・クライミング、登山、Back country踏破など、81日間の)コースを終了。
また、アメリカ先住民の大地に生きる知恵、サバイバル技術とスピリットの世界を伝えるトム・ブラウンのトラッカ-スク-ルで、アパッチの古老、スト-キングウルフ(別名グランドファ-ザ-)の教えを学ぶ。

6年以上にわたる滞米生活で、ロッキ-の山々の縦走、コロラド川下り、グランドキャニオン上流地帯踏破など、数多くの大自然や多民族との生活を経験する。

★プロフィールの詳細はこちらをご覧ください。

 

主な内容

・サバイバルの基本知識を学ぶ
・ロープワークの技術を学ぶ
・シートを用いたシェルター作り
・ソロタイム

・シェルターでの一泊―母なる大地に抱かれる時間
・自然の探索と観察
・焚き火と語らい

 

対象と定員

16歳以上の男女 最大15名 *経験不問

 

参加費

一般 ¥18,000   学割 13,000
【講習料、食費、道具貸出料、損害保険料、渓谷使用料を含む】

※交通費は含みません。
※食材は「大地を守る会」「寧楽共働学舎」のものを中心に、有機無農薬・低農薬、無添加で、自然と体のことを考えて作られたものを使用しますので、とてもおいしいです。

 

申込締切

2016年9月7日 (水)

 


|Top|

特定非営利活動法人アースマンシップ

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町4-16-4
Tel 0422-20-8393
info@earthmanship.com