最新トピックス

地球のケア・テイカー 今年もやります! 春の募集開始!

春 5月20日(土)〜21日(日) 募集開始!

秋 10月28日(土)〜29日(日)

冬 2018年1月27日(土)〜28日(日)


この講座では、自然のメカニズムを知り、自然な環境とはどういうものなのか、どこに手を入れる必要があるのかを見つける力をつけ、それぞれの暮らす場所を少しでも良い形に整えられるようになることを目指します。

自然の手入れというと、都会で暮らす人には関係ないことに思えるかもしれませんが、自然豊かな場所だけでなく、一見自然が全くないように思える都会も、この地球の重要な構成要員です。

都会であれ田舎であれ、自分の暮らす場所を本来ある自然な形に少しでも近づけることができたら、この地球も、そこに暮らす私たちも、本来の健康な営みに近づくはずです。

まずは、山梨の森で、自然とつながり、この地球の世話をする手がかりをつかんでください。


サバイバル講座 災害時にも役立つ基本編 レポート

4月16日に開催したサバイバル講座の参加者の皆さんの感想です。ご覧ください。




夏の子ども自然体験プログラム 実習生募集開始します!

今年も夏の実習生を募集します。

私たちは自然の中での体験を通して、いのちの喜びと出会えること、直感力を養い大切なことに気づく力を育てること、そして今まで気づかなかった自分自身のすばらしさを発見することに力を注いでいます。
それらはとても大事なことなのに、今の学校や社会では見過ごされがちなことで、そこを補うことはとても重要だと考えています。

子どもプログラムは、大人にとっても多くの学びを得られる貴重な機会。アースマンシップのフリープログラムキャンプを通して、一緒に学び合いましょう。

教育や自然と関わる仕事をしたいと考えておられる方、特に自然環境教育、野外教育、オルタナティブ教育に興味のある方は是非この機会をご利用ください。


サバイバル講座 災害時にも役立つ基本編  終了しました

2017年4月16日(日)13:30〜16:30

吉祥寺にて

img_04741 img_0473

たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

みなさんからいただいた感想は後日アップいたしますので、お楽しみに。




婦人画報 5月号(4月1日発売)

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-03-31-75838

婦人画報5月号(4月1日発売)の中の「夢の学校」に岡田淳のサバイバル講座が取り上げられます。
ぜひご覧ください。

http://www.hearst.co.jp/brands/fujingaho


★ 2017年度 スケジュール 発表★

アースマンシップ・スクールの2017年度 スケジュールがアップされました。

ジャンル別と月別で掲載していますので、ご覧ください。

つれづれ日記更新しました 2017.3.10


2017年度 プログラム予告

サバイバル講座 第1回は「サバイバル講座 基本編」

4月16日(日)13:30〜 吉祥寺の古い家にて

サバイバルとは?
自分の命を守るために覚えておきたいこと
など、サバイバルの基本を実践も交えて楽しく学びます。

興味のある方は日程を空けておいてください!

第2回は「サバイバル講座 たべもの編(9/30)」
第3回は「サバイバル講座 医療編(2018年1/21)」
を予定しています。

お楽しみに!


武蔵野大学 たき火塾 レポート

2月25日(土)に開催した武蔵野大学 たき火塾のレポートです。お読みください。


◆ ◆   終了・報告 ◆ ◆

地球のケア・テイカー【スタンダード】 終了しました

森の手入れに最適の季節に行われたケア・テイカー。
参加してくださった
18歳〜71歳までのみなさんがEarthmanshipと一緒に作り上げたすばらしい2日間となりました。
年齢層の広さは本当に学びに厚みを与えてくれます。
これからもいろんな年代の方々が共に学べる場となることを願っています。

これで今年度の「地球のケア・テイカー」は終了しました。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
2017年度もまた少し新しい味を加えて、楽しく学べる「地球のケア・テイカー」は続きます。
どうぞお楽しみに。


2017年1月21日(土)〜22日(日)山梨県北杜市にて

【集合/解散】11時/17時20分頃  JR日野春駅

【内容】

 ・自然の観察とリサーチ

 ・ネイティブ・アメリカンと日本人の自然観について

 ・森の種類と役割について

   ・ケア・テイカーとしてのフィールドワーク
    (森の手入れ、水の流れの手入れ、道具の扱い方)他 

        
秋から冬にかけては山仕事・森の手入れには最適の季節。
ひっそり眠っている静かな森は、もうしばらくすると春の活動を始めます。
森が活動を始める前のこの季節に、森や木々との対話の時間を持ちましょう。
林業・造園・里山の技術、その他に古来から伝わる先住民の自然の技術があります。
目的に従ってそれぞれの技を理解する事は大事なこと。
私たちは今 何をすればよいのか、森の声に耳をかたむけ、手や身体を動かしてみましょう。
森の家で薪ストーブの暖かさ包まれる時間も楽しい2日間です。


早春たき火塾2017  終了しました

2017年1月8日(日) 奥多摩にて

年の初めに山に入り 自分のたき火を起こしませんか。
早春たき火塾はマッチ1本で自分だけの火を育てるプログラム。カマドや新聞紙などを使わず 現地の薪を拾い集め、自分で自分のたき火を起こします。

「火」はサバイバルの聖なる順序(Sacred Order)の3番目。
どんなに寒い日でも 火があれば 暖まれる 料理ができる。
どんな状況の下でも たき火を自分で起こせたら 心強いです。
火を囲み 火から力をもらって、自然とつながった 新しい一年のスタートを切りましょう。

***


e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-01-01-93708

新しい年が始まりました。
昨年同様、今年もEarthmanshipとしてできることを
精一杯させていただきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                                              代表理事 岡田 淳
                  スタッフ一同



柳澤たてもの塾最終回&Earthmanshipギャザリング 報告

img_3292

昨年の秋の竹伐りから始まった「柳澤たてもの塾」は
古民家を再生する過程に私たち素人が入らせてもらって
日本の伝統的な建てものと文化について学ぶ とても楽しく貴重な時間でした。
職人の技に心震わせ これを途絶えさせないために
私たち消費者ができることを考えることもできました。
その最終回とEarthmanshipのサポーターのギャザリングが
12月17日(土)北杜市の古民家で行なわれました。
再生に関わってくださっている職人の方々も参加してくださり
また何より嬉しかったのが 古民家の元の持ち主の娘さんが来てくださったこと。
昔の話を聞きながら 和やかな交流が続いた一日でした。
寒い中 そして忙しいこの時期に参加してくださったみなさん
ほんとうにありがとうございました。
古民家再生プロジェクトはまだまだ続きます。
日本の文化伝統を実際に自分の目で見て体験する場として
これからもきっといい場となってくれることと思います。

img_3298 img_33051 img_3316

img_33131 img_3295

 

おとなのための空と大地の学校2016  第5回 終了

より楽しく、たおやかに生きるために、直感力を磨き、自分の軸を整える学校です。各回テーマに沿ってカリキュラムが組まれています。

 第5回 テーマ:受入れる 

 11月26(土)〜27日(日)山梨県北杜市武川町にて

できる部分は受入れやすいけれど、できない部分は受入れられないことが多いもの。
でも それもひっくるめて自分であること。その自分は世界でたったひとりの自分であることが腑に落ちたら、新しい道が見えてきます。
自然の力をかりて、世界でたったひとりの自分を楽しみましょう。


岡田淳サバイバルワークショップ@鎌倉 亀時間 10/8(土)終了

サバイバルって何なのか、というところから、セルフレスキューの話やロープワークまで、あっという間の2時間半でした。ご参加いただいたみなさま ありがとうございました。

e38190e3828be38185e381b7e69caae69da5-e382b5e38390e382a4e38390e383abe8ac9be5baa7e38381e383a9e382b7 img_5624

img_5621

img_5608


「シェルターキャンプ2016」のレポートができました!

9月10日(土)〜11日(日)に開催された「シェルターキャンプ」のレポートができましたのでご覧ください。

 

おとなのための空と大地の学校2016 

より楽しく、たおやかに生きるために、直感力を磨き、自分の軸を整える学校です。各回テーマに沿ってカリキュラムが組まれています。

第4回 テーマ:整える 10月23日(日)奥多摩 終了しました

夏に 緩め 解放した 心と身体を 整える 秋です。
自分を整えるという作業が自分でできるようになると、人生の豊かさの幅がさらに広がるでしょう。
奥多摩の誰もいない自然のかなで、静かに自分を楽しむ時間を過ごしましょう。
今回初めて参加される方でも分かる形でプログラムは進められますので、みなさまのご参加をお待ちしています。

***

第3回 テーマ:解放する 9月4日(日)終了しました
          レポートはこちら

雨の天気予報を見事にひっくり返し、終日お日さまキラキラの夏日となり、
川を流れるのがこんなに楽しいとは…を実感した回でした。
川のレスキュー講座も知識と実践の組み合わせで充実したものとなりました。


img_2653 img_2671
     川を流れる楽しさ        身近にあるものを使ってレスキュー練習


第2回 テーマ:緩める 7月23日(土)〜24日(日)
終了しました

いろんな肩書きや役割をちょっと横に置いて、自分に戻る時間を重いっきり楽しみました。テーマの「緩める」完全達成です!


img_2396
2日目の朝のキャンプ地 太陽が昇りはじめたところです。

 

第1回 テーマ:知る 5月22日(日) 終了しました


「災害時に覚えておきたい、ネイティブ・アメリカンに学ぶサバイバル術」  

ライフハッカー 日本版 にEarthmanship代表 岡田淳の記事が掲載されました。


地球のケア・テイカー【スタンダード】 終了しました。
11月12日(土)〜13日(日) 山梨県北杜市にて

約8,000坪の森を歩き 自分の五感を使って 森をみる
森の中の沢筋をみる
森の中で違和感を感じる場所を探してみる
その時のキーワードは「空気」と「水」
自然と共に生きてきた先人の教えから学ぶ
ここで注目したいのは「技」ではなく「心」
私たちが忘れかけている  最も大事な部分
秋の自然を満喫し  自然も自分も楽になる
今回もそんな2日間でした。
お天気に恵まれ
沢の手入れをするとどんどん水が出て。
何度やっても楽しく学びにあふれた時間です。
次回は1月21日(土)〜22日(日)の開催です。

 ★過去の参加者の感想はこちらをご覧ください。


柳澤たてもの塾

第12回 竣工祝い&エネルギーカフェ 12月17日(土) 終了しました。
Earthmanship のサポーターのギャザリングも兼ねた会は、今までたてもの塾に関わってくださった職人さんたちや、古民家の元の持ち主のご家族もご参加くださり、楽しい交流の場となりました。
詳しい報告はもう少しお待ちください。

第11回 板塗装 10月29日(土) 終了しました。
実際に教えていただきながら自分たちが作業をする最終回。増築部分の外壁になる板に柿渋を塗りました。お天気に恵まれたので、とても作業がやりやすかったです。塗装が早く終わったので、母屋の掃除や、トイレ小屋の床板にオイルを塗る作業を行いました。

第10回 土塗り 10月10日(祝) 終了しました。
5月にこねた泥に、固さ調節のため、さらに切った藁と泥をまぜてまぜて、ひたすら壁塗り。なかなかの体力勝負の仕事でした。プロの左官屋さんの仕事は動きに無駄がなく、美しく、当たり前のことだけれど、職人さんの技に感服した一日でもありました。

第8・9回 竹小舞かき 8月19日(金)・9月17日(土)終了しました。
昨年の秋〜冬に切って割って乾かしていた竹を編んで土壁の芯を作りました。編み上がった竹小舞の美しいこと。 特に夜、小舞から光が漏れる光景は、いつまでも見続けていたいほどでした。

第7回 上棟 7月18日(祝)終了しました。
いよいよ棟上げの時を迎えました。
伝統工法で刻まれた材が組み上がるさまを見せていただき、また時には一緒に作業に参加させていただいて、柿渋を塗った時には分からなかったその刻みの形の意味がわかりました。
最後に四方固めを行い、夜は梅の木の下でお祝いのお食事をいただきました。

第6回 構造材の刻み体験 & 柿渋塗り 7月16日(土)終了しました。   吉岡木材(厚木市飯山278)にて柿渋塗りを行いました。
大工の古口さん、新堂さんが刻んでくださった材に柿渋を塗る。
想像以上にサラッとした柿渋を刷毛で塗ったあと布で拭き塗り。
2人一組の作業です。
手で刻まれた材に感謝し、「いいたてものになってね」と祈りを込めながら1本1本塗る作業は、リーダー日高さんの言う通り「(材に)愛情を注ぐ儀式」だと思いました。

第5回 ヨイトマケ 6月18日(土)終了しました。
たてものの基礎作り。束石(つかいし)を据える地面の地固めをしました。
「ヨイトマケ」は、その昔機械のなかった時代に、重い槌を滑車で上下させて地固めをする際のかけ声「ヨイっと巻け」が語源となっています。

第4回 だるま窯見学ツアー 6月11日(土)終了しました。
群馬県藤岡市にだるま窯で手作り瓦を焼く職人を訪ねました。日本の文化伝統に恋いこがれる気持ちと、真摯に自分のいのちの役割を全うしている人への尊敬の気持ちを存分に味わった、ほんとうに感動の一日でした。

第3回
 泥コネ
5月14日(土)終了しました。

とにかく、楽しかった!です。参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

第2回 コンポストトイレ小屋作り
    5月4日(水/祝)〜5日(木/祝)終了しました。  

第1回 すす払い のレポートはこちらをご覧ください。


シェルターキャンプ 2016   終了しました

サバイバル講座実践編 ー自然とつながる2日間ー

「サバイバル」の技術には4つの柱と順序があります。
 その1番目が「シェルター」。 
自分の体温を確保するための重要要素であり、災害時の基本知識でもあるシェルターを実際に作って眠る体験キャンプを
9月10日(土)〜11日(日) 奥多摩にて開催しました。

参加者それぞれの個性あふれるシェルターが奥多摩に出現。2日目の朝方には、そのシェルターの効果をはかるかのように少し雨が降り、とてもいい学びになりました。
詳しい報告をお楽しみに。


緊急開催!清里地ビール “タッチダウン” 支援トッテラ 終了

2004年にトッテラが始まって以来お出ししている清里地ビール “タッチダウン”。Earthmanship の仲間にもファンの多い、とても美味しいビールです。
その “タッチダウン”の醸造所がある「ブルーパブレストランRock」で8月8日未明火災が発生。残念なことにレストランは全焼してしまいました。
幸い、この夏に向けて仕込んだビールが難を逃れ無事だということで、レストランRock&タッチダウン支援のために、急遽、予定していた「柳澤たてもの塾」を中止してトッテラをオープンすることにしました。

日程限定で、ビールはあるもののみ、お料理もつまみ程度しかお出しできませんが、ぜひタッチダウンの再起のために、「ビールを飲んで支援」をお願いします!

【開催日程】
 8月27日(土) 12:00~21:00
 8月28日(日) 12:00~21:00
 8月29日(月) 17:00~21:00
   8月30日(火) 17:00~21:00


夏ののびのびキャンプ2016 終了しました

★武蔵野市と子どもゆめ基金からの助成が決まりました!
 それによって参加者の負担が軽減されました。
 詳しくは案内をご覧ください。

自分は何をしたいのか、こどもたち自身が気づく前に、善かれと思っておとながすべてをお膳立てをすることの多い今の日本。
それが結果としてこどもたちの生きる力を弱めていると思いませんか。
アースマンシップの「夏のび」はプログラムがありません。
太陽の動きで時間を知り、川から水をくんで、薪で火を焚いて生活をします。生活するためには働かないといけないことも自然と分かってくる。
そして何より、人と比べたり、人の期待に応えるのではなく、自分は何が好きで、何が嫌なのかを知る時間。それを見守り支えてくれる、すばらしい自然。父なる空と母なる大地という言葉の意味が体でわかる時間。
そこから見えてくるのは「自分だけが幸せになる道など決してない」ということ。
そんな生きる「基本」を知り、その子なりのスピードで自分の根っこを育ててほしいと願っています。

8月3日(水)〜6日(土) 奥多摩にて開催
小学校2年生〜中学校3年生までの男女が対象です。


20代女子のためのライフ・デザイン講座  終了しました。

〜これからの人生を考えるために知っておきたい女性のからだ と 性〜

6月26日(日)13:30〜16:00 吉祥寺の古い家にて開催

★参加者の感想はこちらをご覧ください。

「いのちの自然塾」に新しい仲間ができました。

この講座は、女性性としての体と、その性にしか経験できないお産についてより良く知り、自分のこれからの人生に生かしてほしいといういうものです。

年齢制限をつけた理由は、とにかくできるだけ若いうちに、「お産」についてほんとうのことを知ってほしいと思ったから。年代ごとに、聞きたいこと、知りたいことが変わってくる分野なので、今回は10代後半から20代という人たちに向けて講座を行います。

ほんとうなら、公教育で中学高校時代にしっかりやってほしい分野なのですが、残念ながら、今の日本政府は、文科省は、その重要性に気づいていません。その結果、いのちが実に軽くあしらわれているという現実が生まれています。

こんなに楽しいお産、こんなに素敵な女性性を、知らずに過ごしてほしくない。
お産の楽しさや女性性の大切さを伝えないのは、おとなとして大事な責任を放棄していることだと私は思うから、だから、いのちの自然塾をやり続けます。

Sacred Order(聖なる順序)夜話会 終了しました。

6月23日(木)19:30~21:30  吉祥寺の古い家にて

私たちが日々、安心して生きていくためには、いつ起こるか分からない不測の事態にそなえ、サバイバルの基本を知り、それを深く理解していることが必要です。
大自然の中で生きてきた先住民、ネイティブアメリカンの知恵と技術から、
Sacred Order/聖なる順序を学びます。

★参加者の感想はこちらをご覧ください。


地球のケア・テイカー【ライト】<日帰り> 
4月の回は終了しました。 4月のレポートはこちら

2016年度は、今までのスタンダード版ケア・テイカー(講座)をまずは味わってみたいという方のために、日帰り版ケアテイカー【ライト】が始まります。
実際の森や水の流れの手入れをして、人間にも自然を助けるという役割があることを体感してください。

 

「遺伝子組み換えルーレット」上映会 終了しました 
4月13日(水)19:15〜21:30 吉祥寺の古い家にて



今の世の中で起きている事から目を背けて生活する事は実に簡単ですが、それをおとなたちがし続けると、次の世代に、そしてこの地球に大きな災いを残すこととなります。
いろいろな形の学び会を通して、知らなかったではすまされない事、知ったからこそできる事に目を向けていきたいと思います。

13日の上映会では、映画を観たあと情報の整理を行いました。実に活発な意見や情報の交換が行われて、とてもいい会となりました。参加してくださったみなさま、この上映会の事をお知り合いに紹介してくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
「知ることから始めよう」を受け継ぐ「吉祥寺の古い家オープンデー」はまだまだ続きます。次回をどうぞお楽しみに。

アースマンシップって何なの?と思っておられる方は、どうかもう一度こちらをご覧ください。
 「アースマンシップのねがい」



 早春たき火塾2016 終了しました。

お天気に恵まれ、参加されたみなさんそれぞれが自分の火とじっくり過ごせたいい一日となりました。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

img_1196


古民家プロジェクトいよいよ始動!

賛助会員のみなさんや仲間と一緒に、秋の新月の10月13日(火)に行われたEarthmanship古民家プロジェクト第一弾
「竹を切る」の報告です。
古民家改修のリーダー 日高さんがブログに詳しく書いてくださいましたので、ご覧ください。

私(直さん)の第一のタスクは、お日さまを連れてくることで、大成功。
そして作業はすべて想像以上に楽しく、勉強になりました。
このプロジェクトの最終目的は日本の文化伝統を伝えられる場所を作ることですが、それを作る過程もそれらを伝える場所であり、知る作業になればと考えています。
続きがとても楽しみです。
参加してくださったみなさん、そして日高さん、ありがとうございました。

img_0626 img_0632

 

ハーブスマン’sでイベント 2015

9月19日(土)は茨城県のハーブスマン’sで行われた大地を守る会のイベントで野外料理を担当させていただきました。
当日与えられた材料でおいしいカレーを作るというタスクはなかなかチャレンジングでしたが、久しぶりにお日さまもがんばってくれて、いい一日となりました。

img_05552 img_05511

img_05541 img_05531


                        

山梨に新しい拠点ができました!

北杜市武川の森のすぐ近くに古民家と田畑が与えられ、アースマンシップの拠点のひとつに加わりました。
古民家は日本のすばらしい文化と出会える場所として、田畑は自分たちの食べる物を育てるという 生きる基本と出会える場所として、多くの方に利用していただけるよう、さまざまな計画を練っています。

順次サポーターの方々と一緒に古民家再生プロジェクトを進めていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに。

img_8699 img_0145

img_0158 img_0157

img_0154 img_9171

 

「アースマンシップ 2015 春のギャザリング」レポートです。

アースマンシップのサポーターとその仲間たちが春の奥多摩を満喫しました。


奥多摩周辺の放射線量について 

最新情報をアップしましたのでご覧ください。


2014年12月25日の東京新聞(朝刊)にEarthmanshipの記事が掲載されました。

 

ごあいさつ ーアースマンシップがNPOになりましたー

 

お申込みに関する注意事項

プログラムに参加申込みをしていただきますと、ご指定のメールアドレスに申込み受付完了のメールが届きます。
そしてその後、各プログラムの詳細案内が送られます。

最近 gmail、hotmailアドレスをご指定いただいた方にお送りしたメールが
届かない、または迷惑メールフォルダに入るという事態が発生しております。
 
また、携帯アドレスをご指定される方の中に、パソコンからのメール受信拒否の設定をされている方がおられます。
こちらからの連絡はすべてパソコンから行いますので、携帯メールアドレスを
指定される場合は、必ずパソコンメールの受信拒否をしていないことをご確認の上ご指定ください。

プログラム開始の2週間前になっても詳細案内が届かない場合は、お手数ですがまず迷惑メールフォルダをご確認ください。それでも見つからない場合は、至急Earthmanshipまでご連絡ください。

 


「被災地サポートプロジェクト」のページができました。


NO NUKES プラカード

※プラカードを印刷する時には、用紙を「A4四辺フチなし」に設定してください。


 

 

過去のプログラムレポートおよび参加者の感想はこちらから


おすすめ映画・イベント情報 つれづれ日記


|Top|

特定非営利活動法人アースマンシップ

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町4-16-4
Tel 0422-20-8393
info@earthmanship.com