スタッフ紹介

岡田 淳(じゅんさん) 代表理事


東京都出身


小さい頃から自然が大好きだった祖父や父と共に山、川、海の自然に親しみ、中学生の頃からは自然保護にも関心をもつ。

自由学園・理学部卒業後アメリカに渡り、カリフォルニア州立大学、ユタ州立大学にて環境学(エコロジー/生態学、ナチュラル・リソース・マネージメント、森林学、野生生物学、野生植物学、アウトドア・レクリエーション学、等)を学ぶ。

ユタ州立大学卒業後、シエラクラブ(全米最大の環境団体)でのトレーニングを経て、コロラド・アウトワ-ドバウンド・スク-ルで最も長期の野外教育指導者養成(ラフティング、ロック・クライミング、登山、Back country踏破など、81日間の)コースを終了。
また、アメリカ先住民の大地に生きる知恵、サバイバル技術とスピリットの世界を伝えるトム・ブラウンのトラッカ-スク-ルで、アパッチの古老、スト-キングウルフ(別名グランドファ-ザ-)の教えを学ぶ。

6年以上にわたる滞米生活で、ロッキ-の山々の縦走、コロラド川下り、グランドキャニオン上流地帯踏破など、数多くの大自然や多民族との生活を経験する。

帰国後、公私機関の環境教育や環境レンジャ-の養成にあたると共に、自然環境の専門学校(レンジャ-スク-ル) 設立に参加し、カリキュラム作成およびシニア・インストラクタ-(実習指導)を務めた後、1996年ア-スマンシップ自然環境教育センタ-を設立。2014年NPOアースマンシップとなり代表理事に就任。

現在も北米先住民の持つ世界観、自然観を学ぶため、多くの部族を訪ね歩くフィールドワークを続けている。

◆公益社団法人 日本環境教育フォーラム(JEEF)会員
◆NPO法人 自然体験活動推進協議会(CONE)トレーナー
◆自然体験活動指導者(NEAL)コーディネーター。
◆ウィルダネス ファーストエイド(WFA) /WMA
(その他、ファーストエイドとCPR/アメリカ赤十字社、水上安全指導員と救急員/日本赤十字社 を受講)
◆少林寺拳法、杖術(棒術の一種)、速読法  有段
◆2005年開催トラッカースクールジャパン(スタンダードコース)インストラクター。

 


疲れ 傷ついている人には癒しを
迷い 何も感じなくなっている人には気づきを
そしてすべての人には自分のヴィジョンを描くことのできる力を
それらは 自然のリズムに身を委ね
大地の声に耳を傾け いのちの脈動に触れたとき
自分の中から沸き起こってくるもの
謙虚になり 心を静め 耳をすましてみよう
人が地球人として
最も自然に そして力強く生きてゆける道が見えてくるはず
その道は楽しく 喜びに満ちたもの
私はアースマンシップを通して
そういう生き方があることを伝え続けたいと思っています
子どもたちが光を浴びて
希望に満ちあふれた一日一日を送ることができますように
そして すべての命がつながり
喜びと感謝に満ちた世界が来ますように


—岡田 淳—

 

岡田 直子(なおさん)

img_2681-e38390e383bce382b8e383a7e383b3-7 アースマンシップのお母さん。
学生の頃から国際交流と異文化理解に興味があり、若い頃はカナダのブリティッシュ・コロンビア州でフェアートレードの仕事、帰国後は語学・国際関係の仕事をしていました。
現在は、本当に大切なことから目をそらさず、派手な花は咲かなくても、風や嵐に負けない、どっしり根を張ったアースマンシップでありつづけるために、日々仕事に励んでいます。いつかアースマンシップを名前通り地球人規模(International)に広げたいという夢ももち続けながら。
自然とつながることで見えてくる生命のすばらしさ、そして今日生きることが許されていることのすごさをみんなに知ってほしいと思っています。
私が大切にしているのは「祈る」「待つ」「楽しむ」こと。「食べること」と「料理をすること」と「人」が大好き。
Café Toterraの店主兼料理人でもあります。
私生活では一男一女の母。

 

秋山 紀子(のんたん)

na_pic2 学生時代にアメリカのトラッカー・スクールを通じてアメリカ先住民の生き方や価値観を学んだことをきっかけに、自然と共に生きること、そして、そもそも生きること・生かされていることの意味を深く考えるようになりました。約10年間の外資系銀行勤務を経て、自分がなぜ生かされているのか、感じるままに旅をし行動していたらアースマンシップに辿り着きました。アースマンシップでは、多くの人と一緒に、人間も自然の一部なんだと心から感じながら生きることのすばらしさを体感し続けていきたいです。
大切にしていることは、普通の毎日をていねいに暮らすこと。当たり前の中に幸せがたくさんあると感じています。

 

Melanie Mano(メラニー)

img_87281 フランス・ボルドー生まれ。
小さい頃から家族とキャンピングカーでヨーロッパの各地を旅してきました。そこで見たきれいな景色や、出会ったたくさんの人々が、今の私の個性を作り出していると思います。話す言語を気にしないで誰とでも友達になる楽しさや、様々な自然の美しさに気づく瞬間を大切にして生きています。今まで保育園児から高
校生まで、たくさんの子どもたちに関わる仕事をしてきましたが、もっと自然の中で子どもたちと大切なことを学ぶ仕事につきたいと思っていたらアースマンシップに出会いました。たくさんの子どもたち(おとなも)と楽しく、いろいろな体験ができるのが楽しみです。
特技はヨガと英語と日本語の手話。

 

吉澤 涼子(りょうちゃん)

ryprofilesmall 2010年の3月、イギリスのシューマッハーカレッジで直さんと出会い、アースマンシップの活動に参加するようになりました。そんなにアウトドアに慣れているわけでもない私を、アースマンシップのプログラムは温かく、敷居を低く、迎え入れてくれました。一番好きな時間は、ソロタイム。ほどよく体を動かし森の中に居る時間、直さんが作る美味しいご飯、そして、参加者と語らうことが、いつも自分の軸の確認に繋がっているような気がします。自分の足元を見つめ直すことの大切さを、自然やアースマンシップに集う人たちから学ばせもらっている大変ちゃっかりもののスタッフです。
イラストレーターとして、アースマンシップの活動を絵で伝えることが自分の役割だと思っています。

 

宇賀 達哉(うがっち)

e38186e3818ce381a3e381a1e38397e383ade38395e382a3e383bce383abe58699e79c9f 進路に悩む大学生時代に、自然体験というものをもっと知りたい、もっと深く関わってみたい、と思っていたときに、たまたま見つけたアースマンシップ。
そこで学んだのは、自然と人のつながりを感じることのすばらしさ、大切さでした。
それから社会人になってしばらくのブランクを経て、再びご縁を頂くことができました。
いつでも、どこでもアースマン!
日々の生き方の中で、地球人であることを感じ、大切なことに気づける洞察力を持って、アースマンの輪を広げていけるようになることが私の目標です。

 

豊嶋 匡樹(てっしー)

オルタナティブ教育に興味があって、子どものプログラムの経験を積んでいるところです。川を見ると手づかみで魚を捕りたくなって、捕った魚を塩焼きにして食べるのが夢ですが、残念ながらまだその夢はかなっていません。
アースマンシップでは、毎日に感謝する気持ちをみんなといっしょに感じ、安心できる空間を作っていきたい。そして子どもたちが自分のやりたいことを見つけられるようお手伝いがしたいと思っています。
大切にしていることは、自分の気持ちに正直でいることと、遠回りすることで得られるものを大事にすること、そしてすべてを楽しむこと。

 

原 正代(まさよちゃん)

古来のものと現代、自然と都会の架け橋になりたいと思ってきた私にとって、アースマンシップはそれを可能にできる場所です。すべての人にあるがままのすばらしさを伝えていきたいと思っています。
大切にしたいことは謙虚であることと感謝の気持ちを忘れないこと。カナダのバンクーバーで暮らした時に触れた先住民の生き方に共感し、それ以来「Great Spirit(大いなる神)」とつながった生き方を探求中。
自然の中で遊ぶこと、土でものを作ること、いろいろな文化や空気や人に触れること、そして食べることが大好き。

 

斎藤 隆仁(りゅーと)

  自然が好きで、樹が好きです。
直感に従い、流れに身を委ねて、アースマンシップに巡り会いました。
本当に大切なこと、必要なこと、学校やTVでは教えてくれないこと、そんなことをアースマンシップから教わっています。
現在は、樹や自然の写真を撮ったり、オーガニックのカレーを創ったり、いろんな人達とコミュニケーションしたり、色々やってます。
「直感力」を磨く。大事なことですよね!

 

 

山本 茜(あかねちゃん) ボランティア・スタッフ

img_9029_2 小学生の頃、イルカの飼育係になりたくて、水の生き物に興味を持ったことをきっかけに、地球温暖化によってすみかを失いつつある動物が多くいることを知りました。そして自分たち人間の生活が他の動物に与える影響の大きさに衝撃を受け、そこから環境問題に興味を持ちました。アメリカのバーモント大学で環境学、政治学を学び卒業後、アメリカでのインターンシップを終え2012年6月帰国。現在は教職についています。
アースマンシップでは、自然や人と真っ正面から向き合うことで、現代の日常生活で忘れがちな人間の芯の部分を磨きたいと思っています。
大切にしたいことは、感謝の心を忘れず、出来ることに一生懸命に取り組むこと。すでにある概念に捕われず、視野を大きく持ち、色々な視点、立場から物事を考えること。

|Top|

特定非営利活動法人アースマンシップ

〒180-0004東京都武蔵野市吉祥寺本町4-16-4
Tel 0422-20-8393
info@earthmanship.com